ICカード式のドアロックシステム

玄関の防犯性能を高めるためには、補助錠を取り付けるのが効果的です。
また、カギ本体を交換するよりもコスト的にも安く済むことも多いようです。
防犯のためには、ワンドアツーロックが良いと言います。本体のカギとは違ったタイプの補助錠を取り付けることで、防犯効果はよりアップするでしょう。

今、補助錠として人気があるのが、ICカード式のドアロックシステムです。
ICカードを近づけるだけでロック・解錠ができるので、とても手軽に操作ができます。
私の知人でも、防犯のことを考えて、補助錠の取り付けをしたんだけど、どちらもカギ穴にカギを差し込むタイプのものにしたところ、結局、施錠・解錠が面倒になってしまい、普段はどちらかひとつしか使用していない、という方がいます。せっかく取り付けたのに、それではあまり意味がないですよね。
もちろん、「カギがドアにいくつも付いている」というのは、泥棒や空き巣に対してプレッシャーを与えることはできますが、それだけになってしまいます。その点、カードタイプのものだったら、手間もなく施錠・解錠できるので、しっかりとワンドアツーロックで家を守れるのでは、と思います。

UROLOCK ウロロック (ICカード ドアロックシステム)という製品は、最新型の玄関用補助錠ですが、穴あけ工事や電源工事をしなくても、簡単に取り付けることが可能になっています。取り付けの際には工具も不要で、
女性でも簡単に取り付けることが可能となっています。
もちろん、カード式のロックなので、鍵穴もなく、ピッキングなどの不安もありません。
外開きのほとんどのドアに取付可能で、万が一取り付けできなかった場合は開封後でも返品可能なので安心ですね。

玄関チェーンの補助錠

その他、玄関チェーン用補助錠といった製品もあります。
外出時に外からチェーンに鍵をかける事ができ、今使っているドアチェーンに追加するだけと、とても手軽に2重ロックをすることができます。
扉や枠を傷つけないので、賃貸マンションなどへの導入もしやすい製品だと言えるでしょう。
株式会社ガードロックから発売されている「チェーンでロック」という製品は、お値段も3000円弱と、本当にお手頃だと思います。
購入後すぐに使うこともできるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

賃貸物件に住んでいる場合には、補助錠の取り付けの際に、大家さんの許可が必要なことも多いですよね。
もちろん、許可をとればいいだけのことなのですが、ついメンドクサイから・・と先延ばしにしてしまっている方も多いのではないでしょうか。
最初から補助錠のある物件を選ぶというのもひとつの方法ですが、「他が気に入ったのに、補助錠がないから」という理由だけで諦めるのももったいないように思ってしまいます。
そんな方には、手軽に補助錠を取り付けることのできる、「玄関ドア補助錠 ぼー犯錠」という製品がおすすめです。
合い鍵作成が難しいディンプル錠を、ドアに加工することなく取り付けることが可能です。
引っ越し先でも使える、というのも嬉しいポイントですね。