ドアスコープを悪用した犯罪もある

防犯対策というと、「何か新しく設置しなきゃ!」と思いがちですが、意外と身近に盲点となっている場所があります。
そんなところにも、普段から気を配るということも立派な防犯対策となるでしょう。
玄関周りで、危険だけどなかなか注意が行き届かないところは、ドアスコープとドアポストです。
ドアスコープは、中から来訪者を確認できる、いわゆるのぞき穴、ですね。
カギを開ける前に、まず来訪者の姿を確認できるので、防犯対策にもいいものだと思います。

が、これを悪用した犯罪も多いことをご存知でしょうか?
まず夜ですとドアスコープからライトが付いているかを確認することで、在宅かどうかを、簡単に空き巣にチェックされてしまいます。
そして、中から外が見えるということは、その逆も然り、ということ。
実際に、特殊な器具を使うことで、ドアスコープから隠し撮りをされてしまった、という被害も出ているようです。
その他、ドアスコープというのは、来訪者が来て、初めてその存在を意識するものです。
「そういえば玄関ドアにそういうものが付いているけれど、実際にはあまり使わない」という方も多いのでは、と思います。

こんな方は要注意、知らないうちに、ドアスコープ自体が取り外されてしまっている、ということがあるんです。
そこから細工を施されてしまい、ドアの内側から解錠つまみを回されてしまう・・。
いわゆる「サムターン回し」の手口で、空き巣の侵入を許してしまうこととなります。
ドアスコープって、本当に小さな穴ですが、その穴から、意外に犯罪の幅を広げてしまうことを覚えておきましょう。

帰宅したら、まずドアスコープの確認をする。
使わないときは、きちんとふさいでおくなどといった対策をとるのがおすすめです。
簡単にできることですが、有効な防犯対策になることなので、ぜひ挑戦してみてください。

ポストにも防犯対策を

さて、もうひとつが玄関ポストです。
おもに集合住宅などで多い仕組みですが、玄関ドアに新聞や郵便物を差し込めるようになっているポストです。
外まで行かなくても、新聞や郵便物をチェックでき、便利なものだという認識もあるかもしれません。
しかし、これはドアスコープよりも開口部も広いため、その分危険度も高いものとなっています。
先ほどあげたサムターン回しの道具も、いとも簡単に入ってしまいます。
ドアポストには、蓋が付いていることも多く、「だから大丈夫」と油断してしまいがちなんですが、この蓋だって、カギがかかっているわけではありません。
ひっぱれば簡単に開いてしまいますよね。

さらに、蓋が付いていても、隙間などが空いている場合も多いです。
これは本当に危険なので、できれば、ドアポストのないタイプの玄関ドアとの交換を検討するのが良いと思います。
賃貸住宅の場合は、交換というのも大変なことですが、最低限、玄関のカギにはサムターンカバーを付けておく、内部を見られないように目隠しをしておく、などの対策を行っておきましょう。