外壁の工夫

a0002_003674

空き巣・強盗から身を守るためには、鍵を最新のものに替えたり、補助錠を追加しますとより安全ですが、まず家を「侵入しやすい」と思わせないことが重要になってきます。

侵入しやすそうと思わせる家というのは、狙われやすい家。
留守にする事が多い場合、特に「家を出て、帰るまでの時間が規則正しく、わかりやすい」と言った場合には気をつけた方が良さそうですね。
「この時間、この家には誰もいないことが明らか」という状況は、泥棒や空き巣にとって、「とても仕事のしやすい環境」と言えてしまうからです。

では、泥棒にとって、侵入しづらいと思う家はどんな家なのでしょうか。

まずは、外壁についてです。
外壁がある場合、泥棒は、わざわざこの壁を乗り越えて侵入しなくてはなりません。
なので防犯上、有効なのでは?と思いますが、これは間違いです。
外壁の中にさえ入ってしまえば、外からは何をしているのかわからない、という環境は、決して「防犯性能の高い環境」とは言えません。
外壁の高さが3メートルもあれば、よじのぼっての侵入というのは難しいかと思います。
が、3メートルの外壁というのもあまり現実味がないですよね。
かなりの豪邸でもないと、そんな外壁は見たことがありませんし。
狭い庭にそんなものを設置したら、日差しや風など、気持ちよく生活するためのたくさんのものも、家に入ってくるのを防いでしまいそうです。
すでに外壁がある場合は、防犯カメラを設置するのがおすすめです。
本物がいいのはもちろんですが、ダミーでも一定の効果はあるでしょう。
それも難しい場合は、「防犯カメラ作動中」などのステッカーを貼っておくというのも、相手にプレッシャーをかけることにつながると思います。
その他、外壁の上に有刺鉄線をめぐらせて、侵入しづらいものにする、というのも泥棒に嫌がられる方法となります。

音の出る門を設置する

その他に、門をあえて「音の出るものにする」というのもおすすめです。
開くとぎぎぎーっと音がするような門は、音がすることで自然と人の視線を集めるものです。
泥棒や空き巣がいやがるのは、その視線。
空き巣のほとんどは、仕事の前に「下見」をすることが多いのです。
何度も下見をして、留守かどうかを確認したり、侵入経路などを下調べします。
そういった場合に、「この家は入りづらい」と思わせることが重要です。

音の出やすい石を庭に敷く

他に庭にじゃりじゃりと音の出る庭石を敷き詰めるというのも良いでしょう。
これは、庭の景観づくりにも一役買ってくれそうですね。
素敵な庭でしっかりと防犯対策することができそうです。
植木なども高さをできるだけ低いものにしましょう。
住宅街でも「人の目が全くない」ということはあり得ません。
「周囲からの目線」というのは、お金もかからず、かなり有効な防犯対策となります。
自分とは全く関係のない方でも、何か物音がして、自宅の方を見てくれたら、それが、泥棒よけにつながるのです。
これを、自分で外部からシャットアウトしてしまうのは、とてももったいないことだと思います。ぜひ有効に活用しましょう。