鍵の防犯はとっても重要

家を守るときに、一番大切なのが、やはりカギ!だと思います。
外からの侵入者を防ぐ目的で作られているものですからね。
これだけはしっかりとしておきたいと思う点です。

泥棒がドアから室内に侵入しようとした場合、使われる手口は、ピッキング、サムターン回しなどが挙げられます。
ピッキングはドアの鍵穴に鍵穴に特殊な工具を差し込み、解錠する、という手口になります。
サムターン回しはいろいろな手口で、外からロックを回して解錠してしまう、という手口です。
これらの手口は、「大きな音がしない」という点が特徴となります。
そして、狙われると、ものの数分、カギによっては数秒で開いてしまうのです。
周囲の人間が「何かおかしい」と感じる間もなく、普通に玄関から侵入されてしまうということになります。
恐ろしいことに、従来使われてきたシリンダー錠の場合、「ピッキングで開けられないものはない」んだそう。
しかも、そのやり方は、ネットでちょっと調べると、簡単にわかってしまうものなんですよね。
もちろん、カギの交換には費用がかかってしまいますが、「意味のないカギを設置しているのは、カギがないのと同じこと」と思ったら、怖くて放っておけないんじゃないでしょうか。
空き巣に入られた被害を思うと、決して高くない出費なのでは、と思います。

防犯性の高い鍵とは

さて、具体的に、防犯性能の高いカギというのはどういったカギなのでしょうか。
これは、いろいろなカギメーカーが独自の方法で防犯性能を高めたカギを発売しています。
まず、今一般的になってきているのが、ディンプルキーですね。
カギがギザギザになっているものではなく、小さなくぼみが開いているようなものです。
ピッキングが難しい、もしくは時間がかかることで、空き巣に狙われにくく、解錠しにくくなっています。
合いカギを作ることも難しく、事前に購入したメーカーサイトから、自分の情報を登録しておき、それがきちんと確認できない場合、合いカギを作成することもできない、など。
勝手にカギを複製されてしまうことを防ぐような商品も出てきています。

その他、ピッキング、サムターン回しを根本から不可能にする「カギ穴のない」タイプのカギも今増えています。
ICカードなどで解錠する電子ロック。
マンションなどで導入されているところも増えていますね。

防犯性能の高いカギへの交換費用は、カギ本体をどれを選ぶか、その費用がいくらかかるのかにもよって違ってきます。
カギ交換業者さんのサイトでは、「どのカギの防犯性能がどれくらいなのか」といった点を比較していたりもするので、そういった情報を参考にするのもおすすめです。
カギによっても異なりますが、2〜3万円程度となることが多いようです。

家全体の防犯を考えると「カギを交換しただけで、すべてが安心!」とは言えませんが、要であることは事実です。
カギを見て、その性能を考え、空き巣が家主の防犯意識をチェックする、ということもありますからね。
検討してみてはいかがでしょうか。