最新式の鍵

自宅の防犯性能をアップさせるということを考えたときに、比較的すぐに思いつくのが「カギを最新式のものに交換する」という方法だと思います。
もちろん費用はかかってしまいますが、ピッキングなどをしっかりと防止するためには、必要なことと言えるでしょう。
また、そういった最新のカギを導入することで、空き巣に対して「この家には防犯意識の高い住人が住んでいる」と思わせることができたらいいですよね。

では、そんな最新式のカギ、どんなものがあるのでしょうか。
いろいろなメーカーから様々な種類のカギが発売されています。
カードを近づけることで解錠するような電子ロック式のものや、複製の困難なディンプルキーなども防犯性能の高いカギですね。
最新式のカギの場合は、本当に解錠するのが難しく、「自分がカギをなくしてしまって、鍵屋さんに解錠してもらう」といった場合でも、最悪「破壊するしかない」というものもあるようです。
特殊な工具を使いますし、手間も時間もかかるので、空き巣にとってはかなり侵入しづらいものと言えるのではないでしょうか。
こういったものを導入することで、「泥棒が嫌がる家」にするというのもいい方法です。
ただ、カギの防犯について言うならば、一番大切なのは、「きちんと施錠をする」ということだと思います。
「そんなの当たり前」と思ってしまうことですが、自分の不注意で無施錠だったときに、空き巣に入られてしまった、という経験をしている方も多いのです。

油断は禁物

どれだけお金をかけて、最新式のカギを導入しても、「無施錠の時に空き巣に入られた」という場合には、なんの意味もありません。
マンションの場合には、「下にオートロックがあるから」と玄関のカギを無施錠にしてしまったり、ということもあるようです。
一戸建ての場合でも、「ちょっとそこまでゴミ捨てに行くだけだから」「ちょっとの間、子供を迎えに行くだけだから」と、無施錠のまま自宅を開けることもあるのでは、と思います。

そういった油断が、空き巣の付け入る隙、となってしまっていることを覚えておきましょう。
いちいちカギを閉めるのは面倒だ、といった時には、補助錠で電子ロックをつけるのもおすすめです。
それだったら、施錠&解錠も本当に簡単にできるので、ちょっとした外出時でも、「鍵かけ」が大きな手間とはならないでしょう。

また、カギを盗まれないようにする、ということも大切な防犯対策となります。
「カギを盗まれる」というと、とても大層なことと思ってしまいそうですが、「面倒だから」という理由で玄関周りにカギを置きっぱなしにしているという方もいるのではないでしょうか。
自分が料理をしているとき、テレビを見ているとき。

玄関にカギがかかっていない隙に、カギを持ち出され、合いカギを作成されてしまう、ということもあるようです。
カギを無造作に置いておかない、在宅しているときも玄関のカギはかけておく、などといった対策も必要だと思います。