意外と重要!玄関のライト

主婦ってあんまり夜に出歩くことがないじゃないですか。
だから気づかないことが多いんですが、夜のライトに対する対策ってめちゃくちゃ大事です。

うちは節約のために玄関のライトを使っていなかった時期もあったのですが、いろいろ指摘されて今はしっかりとライトを使うようにしています。
なぜ玄関ライトを使った方がいいのか、ちょっと書いてみたいと思います。

光って意外に大事

まあ当たり前ですが、泥棒というのは闇にまぎれようとします。
明るいうちにやる泥棒はきいたことがありますが、暗闇のなかの光の中で泥棒をする人というのはあんまり聞いたことがないですよね。

そう、その泥棒の本能を考えると「光るものがあることで、泥棒が近づきにくくなる」ということはある様ですね。
よくあるのが、人が通ると勝手にライトがつくもの。
これは簡単な仕組みでできているライトですが、これだけでもかなりの防犯になるとか。こういう工夫をしているというだけで「この家は防犯対策をしているんだな」という目安になりますし、また近寄ると明るくなるライトがあるところに、泥棒はわざわざ近寄りません。そう考えると、こういうライトの効果が絶大であることが解るでしょう。

ちなみにうちは、玄関だけでなく庭にもライトをつけています。もちろん、センサーライト。庭に誰かが侵入したら、これで誰かが入ってきたと解るし、向こうも警戒すると思って。ずっとつけるライトだと電気代がかかるので、センサーライトにしています。これだけでもめっちゃ効果的なので、オススメですよ!

光は壁に当てるようにすること!

もし玄関のライトを使うなら、壁に光をあてて光が広がる様にしましょう。そうすると、家が本当に明るく見えます。また、家の壁全体が明るくなることで存在感も強くなりますので、泥棒は避ける傾向にあることも解っています。こういったこともあるので、ライトの効果的な使い方を考えてみて下さいね。

それに、こういうライトって防犯以外の意味もあります。
夜道を歩いているときに電気がついている家があるとホッとするし、家に帰ってきたときに家が明るいとなんだかほっとしますよね。そういうこともあるので、防犯対策以外のところでライトを使うという人も多いみたいです。

うちの息子は塾に通っていますが、やはり帰ってきたときに家が明るいとなんとなく嬉しいみたいです。もちろん息子が帰ってくる時は窓の明かりもついていますが、夫が帰ってくる時なんかはほっとするって言っています。そういうことを考えても、ライトの使い方ってめちゃくちゃ大事だと思いますね。ぜひ、ライトを使った防犯を意識してみて下さいね。楽な防犯対策ですよ。