危機感を持とう!

空き巣や強盗には、我が家だけは入られないと思わないでください。
誰の家にでも入られる危険性があると考えなくてはならず、それくらいの危機感を持って、防犯対策を行いましょう。
より効果が高いことというと、どんなことを思い浮かべるでしょうか。
ホームセンターに行くと、防犯グッズ売り場が設けられておりどんどん新しい防犯グッズが誕生しています。
複数種類の防犯グッズを使ったほうが効果が高くなるでしょう。
何か一つだけというよりは、複数用意しておくほうが犯人に隙を見せなくて済みます。

空き巣や強盗はどこから侵入する?

そもそも、空き巣や強盗はどこから家の中に入ってくるのかを考えてみましょう。
玄関・窓から侵入することがほとんどで、たまにとんでもない場所から侵入する場合もあるのですが、玄関と窓のことを中心に考えていきましょう。
周りからとても目立つように防犯カメラを設置したり、設置していることがわかるように表示したりするといいと思います。
そこまでするのは会社やお店、学校などであって、一般の住宅ではないという人がまだまだ多いのが現状です。
個人宅だって、危険が潜んでいる事には変わりありません。
空き巣や強盗が、自分の家の中に入ってこないようにすれば、事件に巻き込まれる危険も激減するのではないでしょうか。
危険なのは個人宅だって会社だって、お店だって学校だって一緒で、入られない入られにくい家にすることがとても重要なことです。
さすがに会社やお店、学校などでは防犯カメラの設置がかなり進んでおり、設置していないところを探すほうが難しいでしょう。

一般家庭でも防犯カメラは普及している

今度は一般宅で普及する番で、かなり手ごろな価格も出てきています。
業務用の価格では厳しいでしょうけれども、一般家庭でも設置できるくらいの価格も少なくなくなってきました。
カメラを設置するだけではなく、映像を映し出すモニターと録画機器も必要です。
何かあった時のためにも録画をしておいて、証拠を残しておくことが必要だからです。
犯罪を抑止する効果は高いのですが、絶対に犯罪が起きないとは言い切れませんから、録画機器も用意しましょう。
最近では、手ごろな価格で買えるウェブカメラを利用している人も多くなってきました。
家電量販店などで購入できますが、ウェブカメラであればインターネットを通じて、いつでもどこでもカメラの映像を確認することができます。
携帯電話やスマートフォンからも映像を確認できますし、カメラの操作をすることも可能です。
セキュリティ会社でもシステムごと用意しています。
自分で設置したりすることが難しい人は、セキュリティ会社に頼んでしまったほうがいいでしょう。
月々お金を払うだけで利用することができますが、特に女性の一人暮らしや高齢者宅は設置することをお勧めします。
力の弱い人しかいない家庭のほうが狙われやすいからです。
自分は大丈夫とは思わないで、一日も早くより強固な防犯を心がけましょう。