窓は狙われやすい

空き巣などが室内へ侵入する際に、今よく狙われているのが「窓」です。
ガラスがはめ込んであるだけで、開口部も広い窓。
よく考えると、防犯的にはなかなか厳しいものがあるように思います。
昔は、「大家族だから誰かが家にいる」といったことも多く、また近所づきあいも多かったため、窓の防犯性能が低くても、カバーできるものでした。
が、今、プライバシー保護のため自宅を周囲から見えづらくしたり、また閑静な住宅街などでは、どうしても隙の多い時間が増えてしまったり・・。
窓そのものの防犯性能を高めることも、必要になっていると思います。

では、空き巣はどんな方法で窓から侵入するのでしょうか。
特に一戸建ての場合で多いのですが、クレセント錠の近くに手の入る大きさの穴をあけ、カギを開けて侵入されることが多いです。
「窓ガラスを割る」というのは、大きな音がして、周囲の目を引きそうなものですが、手が入るくらいの大きさの穴ならば、音を立てることなく開けることが可能なんです。
しかも、必要な工具はドライバー一本。かかる時間もあっという間。

人目につきにくい窓には要注意

特に狙われやすいのは、家の裏手の人目につかないような場所にある窓です。
「うちの窓には面格子がついているから・・」と考えるのも危険です。
この面格子、ほとんどのものが、ドライバー一本で取り外されてしまうんです。
たとえば面格子のついた、2階の小さな窓の場合、油断して無施錠にもなりがちだと思います。
が、そういった場所からも、空き巣は侵入可能だということを覚えておきましょう。

窓ガラスの防犯性能を高めたいと思ったときに一番有効なのが、窓ガラスをすべて、防犯性能の高いものに交換するという方法です。
ワンランク上の防犯合わせガラス「SECOMあんしんガラス」といった製品は、2枚の合わせガラスの間に強じんな特殊フィルムを中間膜としてはさむことで、衝撃を受けても貫通しにくい構造になっています。
実際の犯罪でもその効果を実証するなど、高い性能を持つガラスとなっています。
実験結果では、ハンマー等での破壊行為に対しても貫通させなかったり、サッシが曲がるほどバールでこじ開けても、ガラスの中間膜が貫通を阻止した、とのこと。
実際に普通のガラスとの比較を行ったところ、普通のフロートガラスが一瞬で割れてしまうような場合でも、あんしんガラスの場合は、5分以上も耐えることが可能となっています。
この5分という時間はとても大切な時間。空き巣を諦めさせるのにも有効だと言えるでしょう。

こちらの窓ガラスの魅力は、「破らせない」「入らせない」「いざというときには駆けつける」体制で家を守ってくれる、という点です。
単に破られづらいというだけでなく、セコム・ホームセキュリティとの接続で、ガラスの一部破壊も、センサーが瞬時に感知し、異常信号をセコムのコントロールセンターへ送信するため、犯罪の初期段階ですばやい対応ができます。(もちろん、ガラスだけの導入をすることも可能です。)

こういった高性能のガラスを家全体に導入する際の難点は、やはりコストと言えるでしょう。
SECOMあんしんガラスを一戸建ての家全体に導入しようとした場合、70万円〜80万円というお値段がかかってしまうことも多いようです。
手軽に、とは言えませんが、その防犯性能はすこぶる高いと言えそうです。
「より安心して暮らせるように」とお考えの方は、こういったものも検討してみてはいかがでしょうか。