窓用のアラーム

家全体の防犯性能をアップさせるためには、無視できないのが窓ガラスです。
窓ガラス全体を、高性能なガラスに交換してしまうのが一番なんですが、「そんな費用はない!」と言う方も多いのではないでしょうか。
「導入しようかどうしようか」迷っている間に、狙われて被害に合ってしまう、というのも馬鹿らしいですよね。

そこで、ここでは、もっと気軽に導入できる防犯対策について紹介したいと思います。
気軽にできる窓の防犯対策としておすすめなのが、防犯グッズの活用です。
今ホームセンターなどに行くと、棚にずらっと並んでいることと思います。
窓ガラスの防犯性能を高めるために有効なのは、窓に防犯フィルムを貼って、簡単に割られてしまうのを防ぐ方法や、別の場所に補助錠を取り付けて、簡単に解錠出来ないようにする方法。
そして、窓ガラスに振動が与えられた場合、アラームが鳴るセンサーを取り付けることなどが挙げられます。

補助錠をつける場合、強力テープで貼るだけという、簡単に取り入れやすいものも多いです。
業者さんなどを呼んで依頼する、という手間もなく、また本体以外のコストが発生することもありません。
本格シリンダー錠のものや、暗証番号式のものもあり、自分にとって使い勝手の良いものを選ぶといいでしょう。
中には、窓を少し開けた状態でロックできるものもあり、換気をする際にも便利といった製品もあります。
お値段も、1000円台から2000円台と、とても手ごろです。

防犯フィルム

防犯フィルムは水だけで貼れるタイプのもの、凹凸ガラス、スリガラスなどに使えるタイプのものもあります。
ガラスが破壊されるまでの時間を引き延ばすことができ、補助錠とセットで導入すると効果が高いです。
防犯フィルムの選び方は、あまり安いものを購入しても効果が薄いということを考慮して選びましょう。
多少割高に感じても、保険がついているような商品もありますので、そういったポイントで選ぶのもアリだと思います。
カギ付近に貼れるように2枚セットになっているものが多く、3000円程度から5000円程度となります。

窓ガラスに振動を与えた場合などにアラームがなるセンサーも、泥棒のいやがる「音」を発生させるので、防犯効果を高めてくれると言えるでしょう。
窓ガラスに振動が加えられた場合や、窓ガラスが開閉された場合にアラームが鳴る製品などがあります。
両面テープなどで簡単に設置することができるものも多く、お値段も1000円台〜2000円台と、とても手ごろです。
電源スイッチがついているので、もちろん自分が在宅していて窓を開け閉めするときには、アラームを解除しておくことも可能です。

センサーは、窓ガラスに振動を与えた瞬間に相手を威嚇するので、破壊や侵入の前に相手を諦めさせる効果が期待できるのが大きなポイントです。
また、外から見たときに防犯意識の高さを相手に見せ、「侵入しづらい」と思わせることも可能です。
こういった製品を単品で使うのではなく、補助錠+防犯フィルム、補助錠+センサー、センサー+防犯フィルムなどはどのように組み合わせて使うことで、より高い防犯効果を期待できることと思います。