盗みにくい工夫を

家の外に置いてある自転車が盗まれないようにするには、泥棒が盗みにくくするように工夫をする必要があります。
自転車を盗む泥棒には2種類のタイプがあり、個人で窃盗をするタイプと、集団で盗む窃盗団があります。
個人の泥棒は高級自転車をおもに狙って盗み、ネットオークションなどに出品して売ってしまうのです。
一方窃盗団は外国人が集団で自転車を盗むのもので、軽トラックなどで自転車のある住宅街に乗り付けて鍵がついたままの自転車を盗み、それらを外国に売却しています。

こんな対策をしておくと良い

このような泥棒に自転車を盗まれないようにするには、前輪と後輪で違うタイプの鍵をかけておくようにすることが最も有効です。
どちらか一方だけに1種類の鍵をつけているだけでは、泥棒はすぐに鍵を破ってしまいます。
特にチェーンタイプの場合は簡単に切断して外してしまうことが多いです。
あらかじめ自転車を防犯登録しておくことも良い防犯対策となります。
防犯登録は自転車販売店などで行うことができ、健康保険証などの身分証明証を持参した上で、防犯登録カードに住所や氏名などの必要事項を記入するのです。
登録の際は登録料500円がかかります。
自動車の盗難や車上荒らしには、ハンドルをロックする防犯グッズとアラームを組み合わせて対応するのが最良の対策となります。
ただし、どちらか一方を使用するだけではほとんど効果は得られません。
最近はハンドルをロックする防犯グッズの外し方が広くインターネットで公開されているため、これを運転席に取りつけるだけでは不十分です。
これを補うのが車にアラームを取りつけることです。
自動車を盗もうとする者は、サイレンや光などで威嚇されることを最も嫌うため、このようなアラームを車内に取りつけることで防犯効果を格段にあげることが可能となります。
車用のサイレンやアラームを取りつけるときは、セットをしたものが簡単に作動を止められないものを選ぶのが最適です。
これらを確実に作動させるためには価格が安価という理由だけで選ばないことです。
あまり安価なものだと作動もせずに盗難に遭ってしまうことになりかねません。

盗まれやすい車種も存在する

また、自動車にはどうしても盗まれやすい車種が存在します。
このような車に乗っている場合は盗難補償のある車両保険に入れないこともありますが、きちんとしたアラームをつけていれば加入が可能となります。
しっかりと盗難報酬が受けられるように、盗まれやすい車にはアラームをつけておきましょう。