近年増加しているカード窃盗犯罪

比較的最近起きている犯罪として騒がれているのが、カード窃盗です。
クレジットカードやキャッシュカードなど、金銭的価値のあるカードを、直接的、間接的に奪い、勝手に利用する行為として知られています。

カード窃盗には主に二つあり、カードを直接奪う方法、カード番号を聞き出すなどして間接的に奪う方法の二種類があります。
前者はキャッシュカードに、後者はクレジットカードにそれぞれ多い窃盗犯罪ですので、巻き込まれないようにするためにも、こうした対策をすることが大切です。

カードを紛失しないように肌身離さず持っている

とにかくカード類は、紛失をしないように、肌身離さず持っていることが大切です。
必要な時以外、外出時は出したりしないように、財布にしっかりと入れておきましょう。

また、家にいるときもしまっておく場所には注意が必要です。
来客中に見える所にしまって置いたり、どこにしまっているのかを人に行ってしまうと、家に忍び込まれたり、隙をついて窃盗されるケースもあります。
どんなに仲が良い人でも、通帳やカード、印鑑のある場所は、人に教えないようにすることが大切です。

また、預金通帳用のカードなどは、日頃頻繁に使うものではありませんので、金庫などに別途しまうことも必要でしょう。
取られたときに額が大きすぎるので、扱いには十分注意し、見える所に金庫を置かないようにしてください。

カード番号をむやみやたらに教えない

クレジットカードの番号は、その番号を知っているだけで、ネットショッピングなどで利用できます。
クレジットカードの番号はもちろん、裏の暗証番号キーなども、絶対に人に教えないようにしてください。

万が一人に教えてしまった場合は、悪用される前に、今すぐカード会社に連絡をして破棄をするか、会社によっては、新しく発行してもらえる場合があるでしょう。
そのままにしておくと、気が付いた時には膨大な請求が来ているケースもありますので、注意が必要です。

利用するクレジットカードの保険の中には、こうしたカード窃盗に巻き込まれた分の金額を保証してくれるようなサービスをしている会社もあります。
不安な場合は、そうした場所でカードを作ると良いでしょう。

何かない限り、暗証番号を聞かれることはありません

カードの暗証番号は、こちらから何か問い合わせなどを行わない限り、会社側から聞かれることはありません。

キャッシュカードの場合は特に、銀行側から暗証番号を聞かれることは絶対にありませんので、騙されないようにしましょう。

暗証番号さえ分かってしまえば、カードを取られたら、後は好き放題利用されてしまいます。
万が一教えてしまった場合は、今すぐ銀行に行って、カードを止めてもらいましょう。