子供の安全を守るための対策を事前に教えましょう

力が弱くか弱い存在であるお子さんは、犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高く、一歩間違えると、命を奪われてしまう場合もあります。
大切なお子様を恐ろしい犯罪から守るためには、事前にお子さんに、防犯対策方法を教えておくことが必要でしょう。

お子様が防犯意識をしっかりと持つことで、犯罪に巻き込まれる可能性がグンと少なくなります。
万が一犯罪に巻き込まれても、被害を最小限に食い止めることが出来ますので、日頃から親御さんが、口が酸っぱくなるほど教えておきましょう。

また、親御さんもお子さんのために防犯対策をすることが大切です。
帰りが夜遅くなる場合は迎えに行く、出来るだけお子さんを家に一人にする時間を少なくするなど、親御さんが出来ることは少なくありません。
共働きのご家庭の場合は、学童保育や親せきの家を利用するなど、出来るだけお子さんが一人でいないで済むように、配慮をしましょう。

防犯ベルは意外と効果を発揮

防犯ベルは古典的な防犯対策ですが、安定して効果を発揮します。
大きな音が鳴り響くと、驚いて逃げ出す犯人は少なくありませんし、近所の人が飛び出してくる場合も多いでしょう。
必ず防犯ベルを身につけさせて、何か合ったときにはすぐに作動させるようにしてください。

ただ、防犯ベルだけでは効果を発揮しない地域もあります。
お子さんには万が一の際のために、防犯ベルと合わせて、大声を出せるように日頃から訓練させておきましょう。
叫ぶ言葉は、火事だ!など、人が飛び出てきてしまいそうな言葉を発することがおすすめです。

誰かと帰宅させるように心がけさせる

お子さんが犯罪に巻き込まれるタイミングは、ほとんどの場合、一人でいるときです。
登下校中に一人で居るところを狙われやすいので、出来るだけ誰かと一緒に登下校させるように心がけましょう。

お友達が近所に住んでいない場合は、親御さんが近くまで送ってあげたり迎えに出るのも大切です。

知らない人についていかない、知ってる人にもついていかない

知らない人についていかない、のも基本中の基本ですが、非常に大切なことです。
知らない人について行ってしまったことで起きる犯罪は、実は少なくありません。
お菓子をあげる、ゲームをやらせてあげるなどと言われても、絶対に無視させましょう。

また、ある程度の顔見知りでも、犯罪を起こす場合もあります。
余程の親族や、事前に頼んでおいた隣人の人などではない限り、知っている人でもついていかないように、よく言い聞かせておきましょう。

お子様を犯罪から守るためには、知らない人はもちろん、知っている人でも簡単について行ってはいけない世の中です。