事前の対策が重要

不景気も長く続いたこともあり、空き巣や窃盗、強盗など物騒な事件も増えていますが、そういった犯罪に巻き込まれると大切な財産を失ってしまうのはもちろん時には怪我をさせられたり、命も奪われたりしててしまうこともあります。
それゆえに犯罪に巻き込まれないためにも防犯対策はしっかり行っておく必要があります。
防犯対策には施錠をしっかり行うなど日頃からセキュリティに気を使うことはもちろんですが、便利な防犯グッズも用意しておきたいものです。

こんな対策をとっておこう

まず女性や子どもは帰宅中などに狙われやすいですから、そういった場合にもすぐに気付いてもらえるよう大音量がなる防犯ブザーは持っておきたいです。
さらに帰宅したらそれで安心というわけではなく、家にいるときもまた犯罪には遭いやすいですから家の防犯もしっかりしておく必要があります。
まず窓からの侵入も多いですから防犯ガラスの設置も検討したいですし、より手軽に防犯対策を行うなら窓に刺激を与えられたとき、大音量で知らせるセンサーなどもつけておきましょう。
そして家の裏側なども侵入されやすいですが、防犯砂利を敷いておくと、足音が鳴るので気付きやすくなります。
それから人の目の届かないところにはセンサーライトを設置しておくのもおすすめです。
留守になりがちの家の場合は夜でも家が真っ暗で誰も家にいないことが知られやすいですが、防犯グッズでは自動で電気をオン、オフできるものもありますので、誰も家にいない場合でも在宅を装うこともできます。

そして留守にしているときは、留守番電話で「ただいま留守にしています」などのメッセージにしておくことが多いですが、この場合は留守であることが知られてしまいますので、「ただいま電話に出られません」などのメッセージに変えておくことも有効です。
それから子どもだけで留守番させるときは電話を取らせないようにさせておくほうが安全です。
そして盗聴器なども知らずに取り付けられていることがありますのでそういった不審電波を探知できる機器も用意しておくとより早く気付くこともできます。

さらにドアスコープからの覗きを防ぐグッズなども女性の一人暮らしなどの場合にはよく利用されています。
そして店舗や施設では防犯カメラが設置されることも多いですが、最近は一般家庭での利用も増えていますし、外出先からでも携帯電話などで遠隔操作できるものも登場していますね。
本物のカメラはもちろん、ダミーカメラもそれなりの効果を発揮してくれますので、そういった商品もあわせて使いたいです。