外開きと内開き

玄関のドアには外開きと内開きの2種類あります。
家の中から外にオスタイプは外開きであり、家の中から屋内に引くタイプは内開きです。
日本の一般住宅のほとんどのドアは外開きであり、ホテルなどは内開きです。
日本は靴脱ぐので、玄関のスペースを広く取るために外開きが採用されます。

そして外開きと内開きのドアでは防犯性能も大きく違います。
外開きのドアの場合は、空き巣などが来たとしたら、ドアの間に靴や物を挟めばドアが閉まらなくなってしまします。
よく刑事ドラマなどでも靴を挟んで閉まらなくするシーンがあります。

逆に内開きのドアだと、犯人や空き巣がドアを開けて入ってこようとしても、あなたが体重をかければドアが開かないので防犯性は高くなります。
このような理由から海外のドアは内開きが多いです。
最近では防犯性を高めるために、日本でも内開きのドアを採用する家庭が増えていると言います。

日本では映画館などは一斉に批難できるようにと外開きのドアにしなくてはならない決まりなどがありますが、日本の一般家庭だとどちらのタイプのドアにしても構いません。
もしも今使っているドアが外開きなら内開きに変えるという方法もありますが、それだと大変お金がかかってしまいます。
外開きのドアでも一工夫で防犯性能を高める方法はあります。

外開きドアの防犯対策

外開きのドアの侵入方法としては、扉が開いたならドアの隙間にバールなどを開けててこの原理でこじ開ける、ドアの隙間から見える鍵を壊す、蝶番をドライバーで分解してドアごと外す、という手口があります。

防犯対策としては、ガードプレートを取付けてドアの隙間を見えなくする方法があり、ガードプレートを取付けるなら強度の高いものほど効果的です。
取付けるならドア全体に付けましょう。
蝶番外しの対策としては、ドアボスという製品があります。
これは蝶番側に取付ける器具であり、ドアを内側からロックするので蝶番を外されてもドアが開くことがありません。
その他にも鍵を頑丈なものに交換する、補助鍵を取付けて鍵を壊して侵入しにくくすうという方法も効果的です。

しかしながらドアを開けて空き巣や押し売りの人が侵入する場合は、ドアを開けるとそこからこじ開けたりして入られるので、一番の対策としては不審人物が訪問してきたときは、安易にドアを開けないようにすることです。
誰が来たか確認する場合は、ドアを開けて確認するのではなく、ドアの除き窓から見てみたり、インターホンにカメラがあるならまずはカメラで確認するなどをすると、ドアを開けずに訪問者を把握できます。
ドアを数センチでも開けてしまえば、外開きのドアだとこじ開けられる可能性があります。