鍵を壊しての侵入

空き巣が不法侵入する場合は、玄関のドアの鍵をピッキングで開けたり、鍵穴自体をドリルで壊したりして侵入する方法以外に、ベランダなどの窓の鍵を開けて侵入する方法があります。
空き巣は出来るだけ静かに物音を立てずに家に入ろうとするので、ドア以外の窓でもガラスを派手に割ってそこから侵入するようなことはしません。

空き巣がガラスを割って侵入する場合は、鍵が付いている付近のガラスをハンマーなどで割るなどして、最小限の破壊だけを行い鍵を開けて窓ガラスを開けます。
最近では焼き破りという方法も行われることがあり、これは鍵付近のガラスをバーナーで炙ってヒビを入れて、そこにドライバーを差し込み鍵を開ける方法であり、音があまりしないのでこのような方法をとる空き巣も多いです。

防犯性を高めるなら、窓ガラスも開かないようにすべきです。

窓ロック

安い値段で手軽に出来る防犯グッズとして窓ロックがあります。
これは100均でも売られているので、近くのお店で買うと良いでしょう。
使い方としては簡単であり、窓ロックをサッシ部分に取付けるだけです。
これだけで窓ガラス破壊に対して効果を発揮します。

窓ロックは窓が開くのを抑えて開かないようにする器具であり、これを取付けることで、例えガラスを割って鍵を開けたとしても、窓ロックが窓をロックしているので開きません。
これにより空き巣の不正侵入を防ぐのです。
ただし100均の窓ロックは、サッシにはめ込んで取付けるだけのタイプなので、家の外からでも手で簡単に外す事が出来ます。

防犯性を高めるなら、窓ロックに鍵が付いて一工夫しないと外れないようなものを取付けると、空き巣が外せなくて防犯性が高まります。
また取付けたならきちんとサッシにとりついているか確認した方が良いでしょう。
意外にも取り付けが不十分で力を入れた外れてしまう場合もあります。

しかし窓ロックを一度付けると、窓は開きませんので、換気などをしたい場合でも窓は開けられなくなります。
そのようなことに対策をするなら、窓ロックでも本体自体にロック機構が付いており、ワンタッチで窓をロックしたり、窓を開くようにしたりできる便利なタイプもあります。
窓を開ける機会が多いなら、このようなタイプの窓ロックを買うと良いでしょう。

また窓ロックを買うなら、サッシのサイズに合うタイプのものを購入し、買う前には必ずサイズを測っておきましょう。
今は色々なタイプのものが売っており、100均の安いものから、少し高く1,000円ぐらいする鍵付きのものなど色々とあります。
左右に開く窓ばかりではなく、上下や前後に開くような窓にも使える窓ロックが売られています。