サムターンを回して侵入

サムターンとはドアの室内側に付いているツマミの事であり、ツマミを回せばドアに鍵をかけることが出来るので、鍵でロックする必要がなくとても便利です。
一般家庭のドアやオフィスの入り口などでよく使われています。
空き巣の手口としては、このサムターンを回して侵入するという方法があります。

手口としては、ドアとドアの隙間に工具を入れて解錠する方法や、ドアのサムターン近くにドリルで穴を開けて工具を入れてサムターンを回す手口、ドアに郵便受けのある場所なら郵便受けから工具を入れてサムターンを回す手口もあります。
サムターンはそれを回してしまえば解錠できるので、ガラスを割ったり鍵穴に細工して開けたりするよりも簡単です。
ハンドドリルなどでも簡単にドアには穴が開くので、電動ドリルと違い音もあまり出ないので、なおさら狙われやすい手口です。

サムターンガード

サムターン回し対策として売られている防犯グッズとして、サムターンガードがあります。
これはサムターンに被せるキャップタイプのグッズであり、直接サムターンに被せるタイプと周りに取付けてガードするタイプがあります。
サムターン回しは、サムターンの上から工具で押してサムターンを回す手口なので、このグッズによって工具で押せないようにするのです。
周りに取付けるタイプとしては、両面テープなどでくっつけるものが多いです。

設置する場合は、まずはサムターンとその周囲を綺麗にして、サムターンを取付ける場所を決めて、両面テープを付けて貼り付けます。
そして取り付けが完了したら、外れないか確認しましょう。
両面テープで付けたなら、時間と共に外れることもあるので注意が必要です。

サムターンガードを取付けると、空き巣が外からサムターンを回すのを防ぐことは出来ますが、グッズ自体の強度はあまりありません。
このために、このグッズを取付ける目的はサムターンガードによって侵入までの時間を稼いで空き巣が諦めやすくすることなのです。
もしもサムターンガードを使うなら、家中のサムターンのあるところに設置した方がいいでしょう。

サムターンに対する防犯対策はこれで良いですが、もしも家のドアに郵便受けがあるようなところは、郵便受けのところにカバーを付けて工具が入らなくする、郵便受け自体を塞いで外に設置するなどのことをした方がいいでしょう。
ドアに郵便受けがあり、道路から見えるような場合なら、それだけで空き巣に目を付けられる可能性もありますので、外から郵便受け自体を木の板やアルミ板で塞いでしまうというのも空き巣を遠ざける良い方法です。
外に郵便受けを設置するなら鍵付きにしておくと良いでしょう。