もしも強盗にあったらどうしたらいい?

考えるのも嫌ですが、もしかしたら今日明日にもうちに泥棒が入るかもしれません。
そのことを考えれば、やはり「万が一、泥棒にはいられてしまったときはどうするか」を知っておいた方が良いです。

私たちは「強盗に入られないようにするための自衛」に関しては頑張りますが、わりと「強盗にあってしまったときの対応」についてはそうでもない傾向にあります。
強盗にあったらどうするか、考えたことってありますか?
こういった対応が素早くできるかどうかで、犯人の捕まりやすさなどが違ってくると言われています。そのことを考えたら、やはり「空き巣被害にあってしまった時の対応」を考えておいた方がいいでしょう。

盗られたものはないかを確認する

たぶん、強盗に入ったと解れば家の中はぐちゃぐちゃだと思いますが、「盗まれたものはないかどうか」をきちんとかんがえてみて下さい。盗まれたものがあれば、それはきちんと控えておくこと。

このためにも、日ごろからどこに何を置いているのかをチェックしておくことが必要です。
すぐに何を盗まれたのかを知ることができる様にしておきましょう。

そして、ガラスの状態や窓の状態をみること。
庭から入ってくる泥棒だと、おそらくどこかの窓を割ってそこから鍵をあけ、侵入をしています。

そうするとどこかが必ず割れていますから、そこをチェックしてください。他にもピッキングのあとなど、いろいろなことをチェックしなければなりません。「おかしい」と思うことがあればきちんとチェックを」しておくこと、そして対応をしておくことが何より必要ですので、きちんと考えてみて下さい。

警察に連絡をする

警察に通報しましょう。
そこで、具体的になにをとられたのかを説明してください。

とにかくいつもの状態とどこが違うのかの説明と、どこに何があって何が盗られたのかをチェックすることが大事です。警察は細かく事件の調査を行いますので、この調査にきちんと協力をしてくださいね。

カードなどの対応

クレジットカードや銀行のカードが盗まれた場合は、早くにカード会社に電話をして止めて下さい。
カードなどは自分で使ったことが認められなければお金がかえってくる可能性もありますが、それでも止めておいた方が良いです。これはできるだけ早くにやっておいてください。

最悪の場合を想定して、弁護士に相談をしてみるというのもいいかもしれません。とにかく悪用をされないための対策をしっかり行っておくことです。

そして、後日には鍵をかえておくことをお勧めします。
賃貸の場合は引っ越しをすることもいいかもしれません。万が一のことを考え、きちんと対処をすることをお勧めします。