一軒家での防犯対策

家庭の主婦が行なう防犯対策、特に強盗に対する対策をキチンととっているのでしょうか。
日本は、安全な国と思い安心しきって暮らしていると、とんでもない落とし穴が待っていることも考えられます。

特に外国人の滞在が多くなっている時代ですから、その点にも十分な対策を練っておく必要もあるのでしょう。
まず我が家がどんな条件に位置しているのかを知っておくことが大事ではないでしょうか。
まず一軒家でしたら、小路の奥まったところにある家などですと危険度も増してしまうことが考えられます。
強盗が逃げる道がないからなど、安心してはいけないのです。

奥まってしまうことで、人気(ひとけ)がなくなってしまい、周辺が無防備状態になってしまうことが考えられます。
家の周辺をじっくりと偵察されても、不審に思う人や疑う人がいなければ、
強盗に入りやすい環境にあると言って良いのでしょう。
また家のそばに電柱など、登りやすいものがあると、危険度は更に増すことになります。
このような住宅には、防犯カメラが設置して相手に警戒をさせておくといいでしょう。

不審な人間を録画していると教えることで、強盗対策の一環となるはずです。
また玄関や窓の鍵は、キチンとしておくべきですが、一個だけに限らず複数の鍵も検討しておく必要があります。
まず、隙をみせないことが、一番の対策になると考えられます。

マンションでの強盗対策

続いてマンション住まいの強盗対策を考えましょう。
多くのマンションではエントランスが共用部分になっていますので、不審者を取り除く対策が行なわれています。
誰もが勝手に入れるエントランスは、要注意です。
特に管理人さんの居ないマンションでは、いつでも誰でも自由な行動が可能ですから、
戸締りは、しっかりしておく必要があるのでしょう。

この時鍵は、二重にも三重にもしておくと、防犯レベルが高まりますので、おすすめです。
強盗が面倒と思わせることが一番ですし、また超高層マンション以外では、高層階が良いとは限りません。
上部からの強盗も考えられますので、べランダ等へ侵入されない工夫も必要になって来るでしょう。
部屋には、モニターフォンをつけておくことも大事です。

マンションだからと言って、安心してはいけません。
また賃貸マンションでも同様なのですが、前に入居者があった場合は鍵の交換をしておくと良いと思われます。
万が一前の住人が合鍵を持っていたりすることがあるため、
決して安心とは言い切れないのです。