安い金庫は簡単に破られる可能性も

泥棒や空き巣の被害から身を守るために、「家の中に安心して貴重品をしまっておける場所を」と考える方も多そうですね。
家庭用金庫も、いろいろな製品が販売されていますし、お値段も手ごろなものも多いです。
「いつでも自分の身の近くに大事なものを置いておきたい」という気持ちと、「万が一空き巣に入られたとしても安心なのでは」という二つの気持ちを満足させてくれる、とてもいいもののように思えます。
が、この家庭用金庫、信用しすぎると痛い目に合うこととなってしまいます。

家庭用の金庫は、確かに重量もあり簡単に外へは持ちだせないようになっています。
また、金庫のカギについても、ダイアル番号と実際のカギ。
二つを解除しないと扉を開けられないようになっているものも多いですよね。
これで安心、と思ってしまうことも多いですが、万が一、家の中に空き巣が侵入した場合、相手は「プロ」ということになります。
カギを開けたり破壊したりして、中のものを盗むことで身を立てている人間になります。
こういった金庫のカギも、簡単に解錠されてしまう場合があるのです。
「安心だから・・」と大事なものを、すべてそこにしまっておいたら、短時間で根こそぎ盗られてしまう、なんてことにもなりかねません。
特に、低価格を謳っているものは、簡単に解錠できてしまうものが多いようです。
1万円前後で購入できるものは、あまり信用しすぎない方がいいのでは、と思います。

どこに置くのが安全?

では、自分の大切なものはどこにしまっておくのが安全なのか、というと、やはり銀行の貸金庫になると思います。
銀行の貸金庫と聞くと、なんだかすごく「大層な物」といったイメージを持ってしまいますよね。
「どこかの大金持ちが使うもの」という風に感じてしまう方もいるのでは、と思います。
でも、この銀行の貸金庫、意外と簡単に利用することができるんです。
どこの銀行で利用するのかによって多少変わってきますが、大体A4サイズのコピー用紙500枚ほど入るスペースで年間1万円〜ぐらいから利用できるところが多いようです。
重要な書類、現金、宝石といったものならば、十分に収納できるスペースだと思います。

これだったら、たとえ自宅が空き巣被害にあってしまったとしても、本当に大切なものはきちんと守ることができる、ということになります。
もちろん、だからといって自宅への防犯をしなくてもいいということにはなりませんが気持ちは軽くなるのではないでしょうか。
「それでもやはり、自宅で保管したい」と感じる方は、家庭用金庫をしっかりと比較検討して選ぶようにしましょう。

家庭用金庫でも今性能のいいものも多数販売されています。
そうした商品を賢く選べたらいいですね。
実際に家庭で、重要なものを入れておく場合、暗証番号の取り扱いには注意が必要です。
中には、「暗証番号を忘れないために」と、金庫付近に書いておく、なんて方もいらっしゃるようですが、これは防犯的には絶対にやってはいけないこととなります。
せっかくの高性能金庫でも、意味がなくなってしまいますからね。