自分の身は自分で守る

昔は、玄関を開けたままで外出したとしても平気だという時代もありました。

しかし近隣住民との関係が希薄になってしまった現在、お隣の人の名前も顔も知らないなんて言うことも少なくありません。
その為、地域で防犯対策をする事ができればベストなのですが、なかなかそれが出来ないこともあるのです。

まずは自分で自分の事・物を守る、これは非常に重要な事となってきます。
では、例えば自分で行う防犯対策として、貴重品はどこに保管するのが良いのでしょうか。

貴重品と言えばその人にとって非常に大切な物でしょう。また中には思い出の品というのもあるかもしれません。
それを盗まれてしまうことは非常に悲しい事なので、しっかりとそれを保管するようにしましょう。

重要なのは保管場所

そこで重要となって来るのがその保管場所です。

一つは、自分しか知らない場所に保管するという事になってきます。

見るからに大切な物を入れていそうなところに入れておくのではなく、もっと探すのに時間がかかりそうなところに入れておきましょう。
またその時ですが、一か所に貴重品をまとめておくのは得策ではありません。
出来るだけ離れたところに、特に印鑑と通帳はそれぞれ別の所に置くようにするのが重要です。

次に、できれば鍵を掛ける事が出来る物に入れておくようにするという事です。

といっても、金庫とかに入れておくだけだとそのまま持って行かれてしまう事があるので、出来れば持っていく事が出来ない鍵付きの物の中に入れるようにしましょう。
例えば備え付けの家具で、引出に鍵付きなんて言うのもなかなかお勧めです。

それでも心配な時は、貸金庫を利用するというのも一つの方法でしょう。
これであればしっかりと保管してもらうことができるので、ほぼ盗難の心配はありません。

ただ自分の手元にないのですぐに持ち出す事もできないので、いつも自分の近くになくても良い貴重品を保管したい時に、その方法を利用するのも良いのではないでしょうか。

また、重要な事は家全体の防犯をしっかりとするという事です。
いくら分かりにくい場所に貴重品を保管したとしても、外から入って来やすい状態になっていたら、簡単に見つけられてしまう可能性もあります。
だから出来るだけ外部から人が侵入しないようにする、これが重要です。

従って貴重品を保管しているのであれば、まずは施錠をしっかりとしておくこと、そして家の中の物を鍵や防犯設備によって守るようにする事、これが貴重品を保管する上で重要となってきます。