工場は犯罪に巻き込まれることが少なくない

日々様々な製品の製造を行っている工場。
多くの機械を有し、多くの人が出入りすることも多く、窃盗を起こしやすく、犯罪などが起きるケースも少なくありません。
規模が大きい企業であればあるほど、知らない人がいてもおかしくはないため、簡単に盗難被害が発生してしまう恐れがあるでしょう。

そんな工場の犯罪ですが、防犯対策をしっかりと行っておけば、窃盗被害、盗難被害を未然に防ぐことが可能です。
万が一犯罪が起きてしまった後でも、すぐに犯人を割り出すことが出来るといえるでしょう。

工場における犯罪が起きるのは、主に二つの要因があげられます。
一つは、全く外部の人間が忍び込んで起こす犯罪、もう一つは、会社の事情に詳しい内部の人間や、出入り業者など、身内が起こす犯罪です。
それぞれタイプによって、効果的な防犯対策が異なりますので、事前に防犯対策を見直しておくことが大切でしょう。

外部の犯行を防ぐために効果的な防犯対策

全く企業とは関係ない、外部の人間の起こす犯罪を抑止したいという場合。
まずは簡単に侵入することが出来ないように、警備員の配置、警備体制の強化、防犯カメラや、入り口以外の場所からの侵入が出来ないように対策を行いましょう。
センサーによる警報システムや、定期的に警備員による巡回、また、従業員や関係者には必ず、関係者バッジなどをつけさせるなどすることで、不審者の侵入を抑止できます。

外部からの犯行の場合は、突発的に犯罪を起こそうと思うケースは稀です。
ある程度内部事情を調べてから、集団で窃盗を起こすことも多く、窃盗以外にも、いたずら目的、放火目的などで侵入することも少なくないでしょう。

従業員や出入り業者による犯罪

最も厄介であるものの、対策は実はとりやすいのが、内部による犯行です。
工場で働いている従業員や、出入り業者による犯罪は、内部事情をよく知るものが起こします。
その為、突発的に犯罪を犯す、という方もいれば、綿密に計画を立てて犯行に及ぶという人まで、幅広くいるでしょう。

こちらも、防犯カメラの設置、従業員の出退勤の管理システムの導入、重要な場所への入出は、限られたもののみが出来るように、生体認証を利用するなども対策の一つです。

また、機密情報を一部に漏らさない、センサーを配置して、部屋への侵入者を拒むシステムを導入するなどの対策を合わせて行うことをお勧めします。

内部による犯罪で最も多いのが、使われている機械や部品などを持ち出して行われる窃盗です。
長年勤めている方でも、魔が差してこうした犯罪に手を染める可能性がありますので、事前に食い止めるためにも、警備環境を万全にしておくことが必要でしょう。