小さな子供たちをどうやって守るのか

小学校の危機管理も重要ですが、幼稚園の危機管理も非常に大事です。
この世の中、もしかしたら誰かが幼稚園や保育園に侵入して児童に危害を加えようとするかもしれません。
以前なら「そんなことはない」と言えたかもしれませんが、今は何が起きてもおかしくない状況です。
なので、どの保育園も幼稚園も防犯対策はしっかりとしています。
子供たちの安全を守るために、どんな方法が実践されているのかについて考えて行きましょう。

児童の引き渡しは必ず保護者に

今の保育園や幼稚園では、帰りに子供を引き渡すのは「保護者」「もしくは保護者が許可した人物」であることが決められています。
これは事前に「お迎えに来るのは誰か」と園側から問われますので、もし突然別の誰かにお迎えを頼んだとしても引き渡してもらえないことがあります。
もし引き渡しを別の人にお願いするのであれば、きちんと事前にその旨を園にはなさなければなりません。
どうしてこんなに厳しいのかと言うと、保護者を装って子供を迎えに来て、連れ去るというケースも考えられるため、厳しくなっているのです。
ある日突然おばあちゃんが迎えにいっても引き渡してもらえないかもしれない…、なんとも世知辛いとしか言えないケースですが、仕方がありません…。

地域住民との連携は強固に

また、地域住民との連携は強固にしておく必要があります。
実は、誘拐事件などで地域住民の意見と言うのは非常に重要。
「いつもはない車がとまっていた」
「不審な人物がふらふらしていた」
などの情報が、誘拐事件を解決したということもあるほどです。
そこに根付いて生活している人と言うのは、やはり「いつもとは違うなにか」に気づきやすいので、頼れる存在となるでしょう。

地域住民との連携は、子供たちを守る上で非常に大切なこと。
小学校付近などは、地元の民生医院の人が立ってくれることもありますので、日ごろから感謝の気持ちを示していきたいですね。こういう人たちに見守れながら、子供たちは大きくなるのです。

講習をすることも大事です!

防犯意識を高めるためには、講習を行うことも必要。
警察の話を聞くだけでも非常にためになりますし、「どこに気をつけたらいいのか」も解りやすくなりますので、講習を聞くのはオススメです。
また、何かがあった時にどう行動すればいいのを聞けるのが講習の醍醐味ですので、ぜひとも講習は実施してほしいですね。