コンビニ!超あぶない!

24時間あいていて、わりとなんでも買うことができる日本のコンビニは、私たちの生活になくてはならない存在へと成長してきました。
私は主婦なんでコンビニは「高い」というイメージがあるのですが、それでも「醤油がない」というときはスーパーが近くにないのでコンビニで買うことがあるし、ローソンのげんこつコロッケにはお世話になっています。
ゲンコツコロッケ、美味しいから夕飯に出すこともありますw
この様に私たちにとって便利なコンビニですが、考えてみれば危なくもありますよね。

コンビニって実は危ない

うちの近所にあるコンビニでは、深夜でも女性の店員が働いています。
女性だけだと、どうしてもなめてかかってくる大人もいます。
実は私も一時期コンビニで働いていたことがあるのですが、とにかく偏屈な人がくるんです。
ちょっとでも温めが遅かったら怒る、並ぶのに文句をつける、本当にいろいろなことをやらかすんです…。
一度、駐車場で男性同士が喧嘩をしたこともありました。
駐車場なので店内になにかあることはなかったのですが、その時にいたのが高校の店員だったため、警察に電話するなどの対応ができず(怖かったんでしょうね)、後に問題にもなりました。
当時、深夜にいるのは男性店員でしたが、この店員さんも一人。
男性とはいえ、一人だったら何かされたら抵抗できませんよね…。

商店の強盗の77.9パーセントはコンビニで起きているという現実…

そして、気になる数字を見つけました。
「防犯泥棒大百科」によれば、商店の強盗の8割近くがコンビニで起きています。
実に8割ですよ?危なすぎやしませんか?
やはりコンビニは数が多いこと、田舎のあまり人通りがないところでも24時間営業であいていること、そのわりに一店舗にいる人数が少ないことが挙げられるでしょう。
非常に危ない環境で働いているということになります。
いかにコンビニが狙われやすいか、ということですね。

そういえば、コンビニ店員を土下座させている様子を動画撮影し、投稿したことで逮捕者が出たという事件もありました。こういうとんでもない輩が犯罪を犯すのもコンビニなんですよね…。
こういったコンビニの事件をどう防ぐのか、それは今後の大きな課題になるのではないかと思います。
私にも覚えがありますが、コンビニで働く人の環境がもっと安全に守られることを祈りたいです。
本当に、一人でも多くのコンビニ店員が安全な環境で働けることを祈りたいですね。