スタンガンとは

スタンガンというのは、「相手を気絶させる銃」のこと。
すたんがんの名称の「スタン」というのは、「気絶させる」という意味になります。

よく、ドラマの中で犯人が誰かに当てて気絶させているものがありますよね。これがスタンガンです。スタンガンというと特別なものに見えますが、実はバッテリーなども普通の電気やで購入することができますので、誰でも使えると言ったらそうかもしれません。

簡単に言えば、スタンガンを相手に押し付けると電流が走り、相手はこのショックで気絶するということに なります。流れる電流が強い方が良いと思われがちですが、弱くても相手は十分に効果があるそうですから、持っておけば確かに役には立つかもしれません。

しかし、扱いに注意

でも、スタンガンというのは一歩使い方を間違うと「相手にとんでもない危害を加えてしまう」というものです。
我が家でも、このスタンガンを導入しようかと考えた時期がありましたが、結局やめました。
なぜなら、家の中でスタンガンを使うということが考えにくいからです。

よーく考えてみて下さい。例えば女性がバックの中にいれておいて、何かがあった時にスタンガンを使って撃退をするということなら可能かもしれません。でも、それはスタンガンを持ち歩いているからできることです。
家の中にいるのに、わざわざスタンガンなんてもち歩きませんよね。

そのことを考えると、いざという時本当に役に立つか?と懐疑的なのです。

あと上に「女性がもし持ちあるっていたら」と書きましたが、スタンガンを持ち歩くというのは軽犯罪法違反です。催涙スプレーも同じく。湖心のためにサバイバルナイフを持ち歩くこともダメですから、こういうものを持ち歩いていて万が一相手を撃退しても、自分も罪に問われる可能性があることを考えて下さい。

もちろん、持ちあるっていて助かればそれでいいのですが、私は万が一の事故が怖くて持てないかな。うちにも小さい子がいるんで、万が一いじったりしたらそれは大変なことになるでしょう。持つにしても、そうなると子供が維持いらないように管理が必要になりますので、そう考えると箪笥の奥深くあたりにしまっておくしかありません。

万が一のときにやくにたつのかな?と思うと、イマイチ踏ん切りがつかなくて。

ただ、家においている分には合法であって罪に問われることもないので、もし子供の心配がない家ならこういうものを持っておくというのもいいのかもしれませんね。特に女性の一人暮らしの場合、ベッド上の棚においておくなど(これも危ないのでしっかりと管理を考えて)の方法がいいのかもしれません。持っていて役にたたないということはなさそうです。