旅行の時はどうしたらいいの?

泥棒というのは、基本的に住人が留守の時を狙ってやってきます。
つまり、旅行に行く時なんかは泥棒の絶好のチャンス。虎視眈々とその部屋に入ることができるチャンスを狙っているに違いありません。これは本当に怖いことです。

そんな旅行のときの対策について、考えてみましょう。私も旅行に行く時なんかはとても気を付けているんで、皆さんも気を付けて下さいね。旅行から帰ってきて泥棒に入られていたなんてことになると、これほどショックを受けることは他にありませんから…

新聞はとめておく

まず、新聞は必ずとめておきましょう。
新聞をとっている家庭が旅行中もそのままにしておくと、どうしても新聞がたまってしまいます。
それが周囲から見えると、もちろん「ああ留守なんだ」と伝えることになってしまいます。

だから、あらかじめ新聞屋に電話をして「新聞をとめてもらいましょう。これで、新聞がたまっていても怪しまれるということがありません。新聞をとめておくのは防犯の基本の基本!なので、必ず守る様にしてくださいね。

SNSで言わない

ブログとかツイッターとかフェイスブックがありますよね。
こういうもので「明日から旅行です」などとはいわないことが大事です。

なぜかというと、そういう誰でも見られるものをチェックして泥棒は「この家は明日から留守だな」などと目星をつけることがあるからです。「どこのだれだか解らないし」と思うかもしれませんが、こういう目星は意外とつけられてしまうもの。そして、あまり言いたくはありませんが「友達の誰かが裏切る」という可能性もあります。

仮に友達が犯人ではなかったとしても、留守を知っていたとなると警察から「犯人ではないか」と疑われる可能性もありますので、注意をしなければなりません。SNSというのは一歩使い方を間違えると危険なことが起きるものとしても知られていますので、SNSではできるだけ公開をしないようにしてください。

鍵を取り換える

極端かもしれませんが、本当に長期に留守にすることが解ったら、鍵をできるだけ頑丈なものにしておくという方法もあります。賃貸物件で使われているディスクシリンダーの様な鍵は、短時間でピッキングをすることができると言われていますので、これ以外の鍵にしておくだけでも効果があるでしょう。

この機会にできるだけ頑丈な鍵にしておくというのもいいかもしれません。鍵を付け替えるだけで、防犯に対する備えの率がぐんとアップしますので、ぜひ利用をしてみて下さいね。

他にも、パソコンのセキュリティに気を付けるなどやっておくことはたくさんあります。面倒と思うかもしれませんが、ぜひこれらのことを実現してみて下さいね。